• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
有名人名鑑

HOME熊本出身有名人 >その他

熊本出身有名人

その他

一井 正典

1862-1929。現在の人吉市生まれ。
日本の歯科医師。 近代西洋歯科医学の先駆者。
アメリカ本土での日本人開業歯科医師第一号となる。
帰国後は日本及び郷土の歯科医療界に多大な影響を与えた。
明治、大正、昭和の三代の天皇や多くの政府高官・財界人の歯科侍医として活躍。
後の東京歯科大学では生徒に“ジュグリット先生”と呼ばれる。
「口のまわりをジュグリット・・・」と使うので、
学生が 「先生、ジュグリットは英語ですか、ドイツ語ですかと質問すると
 「バカモン、君達、日本語もわからんか」と叱ったそうだ。
*「ぐるりと」という副詞に、強意の接頭語「じゅ」がついたもので、球磨地方の方言。

植田 いつ子

S3生まれ。
玉名市出身、デザイナー。
1976年から皇后美智子様のデザイナーを務める。熊本県近代文化功労者。

江上 トミ

1899-1980
芦北郡芦北町(旧・田ノ浦町)出身、第一高校卒業。料理研究家。
テレビ放送草創期より活躍、江上料理学院を創設。

小川 和久

S20生まれ、八代市出身。
軍事評論家。

陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。
同志社大学神学部中退。
地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、
日本初の軍事アナリストとして独立。
外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策、
重要インフラ防護など)の分野で政府の政策立案に関わり、
国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、
日本紛争予防センター理事、総務省消防庁消防審議会委員、
内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。
小渕内閣では野中官房長官とドクター・ヘリを実現させた。
電力、電話、金融など重要インフラ産業のセキュリティ
(コンピュータ・ネットワーク)でもコンサルタントとして活動。

小島 希世子

S53年生まれ、合志市出身。熊本高校卒。
ホームレスに農業を体験してもらい就労の機会を探る農業塾を主催する社会起業家。
農薬・化学肥料に頼らない熊本県の農家の奥さんたちと農家直送のネットショップ(現えと菜園オンライショップ)を立ち上げ、2009年に株式会社えと菜園として法人化。
横浜ビジネスグランプリ2011ソーシャル部門 最優秀賞受賞。

姜 尚中

S25年生まれ。
熊本市出身、済々黌卒業。政治学者。東京大学名誉教授。
熊本県立劇場館長
「朝まで生テレビ!」を始め多数の番組に出演。
2009年4月より、NHK教育テレビの「日曜美術館」の司会を務めている。

北里 柴三郎

1853-1931
阿蘇郡小国町出身、医学者、細菌学者。
日本医師会創立者、初代慶応義塾医学部長、初代北里研究所所長。

左門 豊作

梶原一騎原作の野球マンガ・アニメ『巨人の星』に登場する架空の人物。

高島 一精

熊本出身。九州学院卒。デザイナー・ブランドNé-net 
第24回毎日ファッション大賞
新人賞・資生堂奨励賞 受賞

武田 イク

武田鉄矢の母親。
8歳で両親と生き別れ、洋服の仕立て見習いを経て、17歳の時結婚。
進駐軍兵士のハウスメイド、たばこ屋、クリーニング取次などの傍ら二男三女を育て上げた。
テレビなどでも活躍、講演もこなすゴッドマザーとして知られていた。1998年没。

田山 淳朗

S30年生まれ。
熊本市出身、ファッションデザイナー。
82年「A/T」発表。91年よりATSURO TAYAMAパリ・コレクション参加。97年第40回日本ファッション・エディターズ・クラブ賞デザイナー賞受賞。
現在「INDIVI」「BOYCOTT」「VOICE MAIL」などの多くのブランドなどを手がける。

チェスキーナ洋子

S7年生まれ。
第一高校卒業。篤志家。
戦後初の公費留学生(ハープ)としてヴェネツィア音楽院に留学。
77年ベネツィアの大富豪チェスキーナ氏と結婚。現代のシンデレラと称される。
自伝「ベネツィア 私のシンデレラ物語」(草思社)

続 素美代

玉名郡玉東町出身、玉名高校卒業。登山家。
2008.1日本人女性で初めて南極点到達、1200kmを57日間で踏破(当時40歳)。

霍見 芳浩

S10年生まれ。
熊本市出身、熊本高校卒業。経済学者。
ニューヨーク市立大学大学院センターのビジネス学部教授を務めている。

徳富 蘇峰

1863-1957
水俣市出身、ジャーナリスト。
熊本洋学校、同志社英学校に学ぶ。一時は政界に入り、後に「近世日本国民史」を執筆。
大田区の旧宅跡は蘇峰公園として整備され、原稿などが展示されている。

仁木 洋子

熊本市生まれ。ルーテル学院高校(九州女学院)卒。
空間演出プロデューサー。
多摩美術大学立体デザイン科卒業。
数々のエキジビション、大型見本市、コンベンション、学会などの総合企画、デザイン、運営を手掛ける。
海外からのトレードシ ョー出展における、基本計画やデザイン、コンサルティングも行う。

 

野原 みさえ

マンガ『クレヨンしんちゃん』 野原しんのすけの母。

橋本 勘五郎

1822-1897
八代市東陽町出身。
江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した肥後藩の石工。
肥後の通潤橋に携わり、東京の万世橋、京橋などを手掛けた。

バカボンのパパ

マンガ「天才バカボン」の登場人物。菊池市七城中学卒業。

平井 信行

S42年生まれ。
八代市出身、八代高校卒業。気象予報士。
NHK「首都圏ネットワーク」「首都圏ニュース845」に出演。

細川 佳代子

S17年生まれ。
神奈川県出身、細川元総理の奥様。
スペシャルオリンピックの日本理事長ほか。

松前 重義

1901-1991
上益城郡嘉島町出身、教育者、政治家。東海大学の創立者。

御船 千鶴子

明治末期、透視能力を持つ超能力者として有名になった女性。
映画「リング」貞子の母親のモデルといわれている。

宮崎 八郎、滔天 兄弟

現・荒尾市生まれ。
日本で孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家。

矢島 楫子

1833-1925
上益城郡益城町出身、女子教育者、社会事業家。女子学院初代院長。
姉には竹崎順子(現・フェイス女学院創設者)、徳富久子(徳富兄弟の母)、横井つせ子(横井小楠の妻)がいる。

横井 小楠

幕末の肥後藩士。
松平春嶽に招かれ福井の藩政改革をしたり、春嶽の助言者として幕政改革に携わる。
私塾「四時軒」には坂本竜馬なども訪ねている。

横井 時敬

農学者・農業経済学者で、東京帝国大学教授・東京農業大学初代学長。