• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
お知らせ

HOME >お知らせ

フェイスブックの東京熊本県人会ページを作成しました。


東京熊本県人会facebookページ


これから充実させて参りますので、

是非FBの東京熊本県人会(トップ?)ページにて「いいね!」を押して下さい!

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

新規会員登録希望の方、会報を読んでみて登録を検討したい方、

ご連絡をいただければ会報をお送りいたします。

届かない方は、住所変更などで返送されているかもしれません。

住所を事務局までお知らせ下さいませ。

(コンビニからお振込みをされた場合、通信欄に新住所を記入されても

こちらには表示されませんのでお気をつけ下さいませ。

*郵便局からの場合には表示されます。)

バックナンバーは →こちら← をご覧ください。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

【グランプリは「ワンピース」が2年ぶり2度目の受賞】

【ニューフェイス賞は「くまモン」が受賞!!】

キャラクター・データバンクでは、
ライセンスビジネス産業の価値を広く社会に発信するとともに、
業界の健全な発展に寄与するために、
2009年に「ライセンシング・オブ・ザ・イヤー in JAPAN」を創設いたしました。
09年は「ポケットモンスター」、10年は「ONE PIECE」、
11年は「こびとづかん」がそれぞれグランプリを受賞。
今年は、2011年度(2011年4月〜2012年3月)に活躍した
プロパティ(キャラクター&ブランド等)に対して表彰するものです。


【各部門受賞プロパティおよび選評】

★グランプリ:「ワンピース」(東映アニメーション)

★キャラクター・ライセンス賞:「こびとづかん」(チームこびとづかん)
斬新なテイスト、自然を感じられる作品世界が子どもの感性とマッチ。地道なブランディングでキャラクターが深く浸透。

★ブランド・ライセンス賞:「nanoblock(R)」(カワダ/マスターマインド)
アイデアひとつでキッズ向けのブロックが大人でも欲しくなるスタイリッシュさをまとった。そのセンスがブランドにも好影響。

★ライセンシング・エージェンシー賞:「PEANUTS」(ソニー・クリエイティブプロダクツ)
イベント・メディア・商品など、複数の展開を効果的、またあるときは同時に展開することで、キャラクターが大きく成長。

★プロダクト・ライセンシー賞:「HOMESTAR R2-D2」(セガトイズ)
星から連想される「宇宙」というイメージが、スター・ウォーズの作品世界と「R2-D2」に合致。商品性とキャラクター性が高い次元で融合。

★プロモーション・ライセンシー賞:「WALT DISNEY 110TH Anniversary OMOTESANDO HILLS Christmas 2011」(森ビル)
世界的キャラクターらしい大規模かつゴージャスな展開。ネームバリューにたがわぬ大きなインパクトを残した。

★リテイル賞:「ユニクロ」(ユニクロ)
キャラクターTシャツは主力商品ラインにまで成長。キャラクターの世界、ファン層の拡大にも寄与している。

★ニューフェイス賞:「くまモン」(熊本県)
落ち着きを見せたゆるキャラ界に現われた新星。熊本を飛び越えて活躍し、人気・ビジネス展開ともに全国規模へと成長。

★選定委員特別賞:「魔法少女まどか☆マギカ」(アニプレックス)
いままでにはないまったく新しい物語を創出。ビジネス的にも、深夜アニメ、そしてオリジナル作品としての可能性を示した。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

県PRフィルムが観光映像大賞 国際短編映画祭

(2012年06月15日 くまにちコムより)

熊本県の観光PRフィルム「くまもとで、まってる。」が

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート 

フィルムフェスティバル&アジア」
の観光映像大賞に選ばれ、

東京・表参道ヒルズで14日、授賞式があった。

映画祭は14年目。

今回から都道府県が制作した観光PR映像の中で

優れた創造性や映像美、話題性のある作品を表彰する

大賞を新設した。

「くまもとで−」(16分50秒)は、

県新幹線元年アドバイザーの放送作家小山薫堂氏(天草市出身)が

監督、脚本、編集を担当。

球磨川の渡し船の船頭や、天草の海に孫と一緒に出る漁師らの

日常に焦点を当てながら、熊本の美しい景観を叙情的に描いた。

授賞式では、フィルムに出演している県のPRキャラクター「くまモン」も登壇。

県東京事務所の佐伯和典所長が「映像から、熊本の良さと同時に

『日本も捨てたものじゃない』と感じていただければ」と謝辞を述べた。


放送作家の小山薫堂氏(天草市出身)が脚本・編集・監督を手掛けた
県の観光フィルム「くまもとで、まってる。」
このフィルムは、県内各地域の人や日々の暮らしを素材に、
熊本の良さを感じてもらおうという目的で制作されており、
熊本で暮らす人々の何気ない日常の、かけがえのない魅力が
たくさん詰まっています。
(ラストシーンは、「秋のくまもとお城まつり」期間中の熊本城で撮影されています!)
ぜひ一度みなさんご覧下さい!!
http://youtu.be/gl02kvwAKFE

「くまもとで、まってる。」の県人会ブログ記事
http://ameblo.jp/tokyo-kumamoto-kenjinkai/entry-11094490728.html

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

昨日、帝国ホテルで「第28回 読売広告大賞」贈賞式が

開催されたそうで、受賞された高橋酒造の久保田部長が

帰りに県人会へ立ち寄って下さいました。

おめでとうございます!

また、九州旅客鉄道が銅賞を、

部門賞<文化・社会部門>では、

熊本県が最優秀賞を受賞しています。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。