• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
お知らせ

HOME >お知らせ

熊本県では、「宿泊」「体験」「食事」を楽しむ農山漁村体験型旅行として、「農泊」を中心としたグリーンツーリズムの魅力を県内外へ発信する動画を制作し、下記のYouTubeサイトで公開中です。

 自然豊かな熊本の農山漁村での四季折々の体験を、映像と音声で、ぜひお楽しみください。
 

 

 

動画公開ウェブサイト

(1)農泊で、こころの癒し旅〜海編〜

  (https://youtu.be/we0CoMwwd20

(2)農泊で、こころの癒し旅〜山編〜

  (https://youtu.be/t4afLm8u6BM

 

 

関連サイト

 ○熊本県「くまもと農泊ガイド」
  https://furusato.pref.kumamoto.jp/kiji00326/index.html

 ○農林水産省「農泊の推進について」
  https://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/170203.html
  https://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/nouhakusuishin/nouhaku_top.html

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

福田病院は、日本一赤ちゃんが産まれる病院。年間出生数は約3600人で、10年連続1位。毎日10人前後の新しい命が誕生している。
産婦人科のスタッフの中で、今まで2000人以上の赤ちゃんを取り上げたのが助産師のリーダー福江恭子。その?ゴッドハンド″に、福江を指名する妊婦も多い。夜勤の福江が、深夜0時過ぎに陣痛の始まった妊婦の背中をさすり続け、朝6時の出産までつきっきりで励まし、赤ちゃんを抱いた母親が感謝と感動の涙を流す場面にも遭遇した。
そんな福江に信頼を寄せるのが、医師の新堀曜子(44歳)。病院理事長で産婦人科医・福田稠(74歳)の次女で、自宅も病院内に構え、いつでもお産に立ち会えるよう24時間臨戦体制を敷き、緊急時には一番乗りで駆けつける。
そんな新堀に、救急母体搬送や緊急帝王切開を要する妊婦が次々に現れる。コロナ禍で不安の中、夫の立ち会いも出来ない状況で、一人で出産に挑む妊婦を、新堀はじめ産婦人科チームはどのように新しい命の誕生を迎えるのか・・・。
さらに、出産を終えた後、病院内のレストランでローストビーフを堪能し、エステで癒される新米ママたちの表情や、赤ちゃんとの対面で涙する新米パパ、初孫を抱くおばあちゃんの感動の姿もカメラは捉えた。
2020年、コロナ禍の冬。日本一赤ちゃんが産まれる熊本・福田病院産婦人科で働く医師・助産師・看護師の奮闘に迫る。
FUKUDA HOSPITAL

福田病院は明治40年(1907年)に設立。創立以来、「女性にとっての幸せな出産」を理想に「お産革命」を掲げ、改革に次ぐ改革を行なっている。
20名の産婦人科医、9名の小児・新生児科医、106名の助産師、看護師141名が勤務。病床数161。不妊治療から新生児医療まで幅広く医療を展開。
地域周産期母子医療センターの指定も受けており、全県下から24時間体制で母体や新生児の搬送がある。
新生児集中治療室(NICU)も完備。複雑な家庭事情を抱えていて育児が困難と予想される特定妊婦や貧困を抱えた妊婦からの相談も地域連携室で受け付け、常に「女性の一生」に寄り添う。
「わさもん」(新しいもの好き)の理事長・福田稠はまさにアイデアマン。豊富な海外経験を生かし、日本で初めてラマーズ法の出産を紹介したともされ、1990年にはLDR室(陣痛・分娩・回復に対応出来る部屋)を日本で初めて導入。               
さらに院内に、プール、エステ、シェフがつくるレストランなどを取り入れるなど革新的な試みを次々に実現してきた。
料金は42万円以内、健康保険の出産一時金だけで利用できることも人気の秘密。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

「令和2年7月豪雨被災直売所復興応援キャンペーン」について

 

 時下、ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、令和2年7月豪雨災害で被災した人吉・球磨、芦北地域をはじめとする直売所では、店舗被害や道路の寸断等により客足が遠のき、農産物や加工品等の売り上げが減少しています。そのため、被災地域の農家や直売所を支援する取り組みとして、インターネット通販サイト「くまもと風土」で農産物等を販売するキャンペーンを実施中です。送料無料で更にくまモンのエコバッグも同梱のうえ全国の消費者にお届けします。 

 

 

 

1 販売期間  予算上限に達したら販売終了となります

 

2 販売商品  被災直売所の農林水産物や加工品等

 

3 特  典  (1)送料無料

(2)くまモンのエコバッグ付き

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

「ザ・キャピトルホテル東急」内の中国料理レストラン「星ヶ岡」で、

1〜2月に平日限定で、熊本県の食材をふんだんに使ったディナーコースを

お楽しみいただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

期 間: 令和316日(水曜日)〜226日(金曜日)

                   土・日・祝日を除く

時 間: 午後530分〜午後9時(L.O.

場 所: ザ・キャピトルホテル東急(千代田区永田町2丁目10-3

URL: 

<font color="#0563c1" face="游ゴシック">https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/restaurant/hoshigaoka/plan/70456/index.html<br></font>

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

永青文庫展示会紹介 「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」
永青文庫展示会紹介
「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」
 足利義昭に仕え、のちに織田信長に重用された明智光秀は、細川家初代・藤孝(ふじたか)と公私にわたり親密な間柄であったため、細川家の文化財を管理する永青文庫には、信長が光秀や藤孝に宛てて出した書状など、光秀の動きを知ることができる数多くの史料が伝わっており、さまざまな場面において、二人が常に連携しながら行動していたことがうかがえます。
 永青文庫(東京都文京区)の今回の展覧会では、最新の研究をもとに、光秀の最初期の活動実態をはじめ、織田政権下での軍事的手腕、盟友・藤孝との協働、本能寺の変の意義までを歴史資料から読み解くことで、「謀反人・光秀」のイメージを覆す、先進的な智将としての新たな人物像が提示されています。
 また、細川忠興(ただおき)に嫁いだ光秀の娘・玉(ガラシャ)の波乱に満ちた生涯も紹介されています。
概要
〇名 称: 新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―
〇期 間: 2020年11月21日(土曜日)〜2021年1月31日(日曜日)
〇会 場: 永青文庫(東京都文京区目白台1-1-1)
 ※詳細は、永青文庫のウェブサイトをご覧ください。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。