• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
郷土料理紹介

HOME >郷土料理紹介

いきなり団子(だご)

古くから伝わる郷土菓子です。
輪切りにした生のからいも(さつま芋)と程良い甘さの餡を、
少し塩味の効いた小麦粉で作った生地に包んで蒸し上げます。
さつま芋のほくほく感と餡が見事にマッチしていて、やさしい美味しさです。
幅広い年代の方から愛され続けている、熊本ならではのおやつです。 
いきなりお客様が来てもすぐ出せる団子という意味と、
生の芋を調理する「生き成り」という言葉の意味が重なっていると言われています。
古くはからいもだけで餡の入っていないお菓子だったそうです。
最近では埼玉県川越などでよく似たお菓子を作っていて、こちらも大好評なようです。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

太平燕

太平燕は、明治後期、中国の福建省から熊本に伝わった
具だくさんでヘルシーな中華風春雨スープです。
熊本ではすっかり定着し、学校給食にも登場します。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

たかなめし

熊本のお土産としても有名な高菜漬けですが、
それを使って作ったご飯で、
一般家庭ではもちろんお店などでも味わえます。
熊本の中でも阿蘇高菜を使用するため、
阿蘇地域でよく見られる料理です。
豊肥線を視察に訪れた鉄道大臣に、
「高菜めし」や「だんご汁」でもてなし、
これを名物にしてはという大臣の進言を受けたのが
きっかけとされています

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

たこめし

天草地方で採れるたこを利用しますが、
新鮮な地たこを刻んで使います。
海岸で、風に揺れる干しダコも夏の風物詩で、
干しダコも刻んで炊き込みごはんにします。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

タコすてーき

焼かないステーキ、それはタコすてーき。
一匹丸ごとを醤油で柔らか煮に。
ステーキとすてきを掛けて、タコすてーき。
一匹丸ごとのタコをフォークとナイフで
切り分けて食べることから
まさにステーキを食べるようなのでこのネーミングになりました。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。