• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
郷土料理紹介

HOME >郷土料理紹介

ぶたあえ

タコを使っているのに“ぶたあえ”

【材料】
 
茹でダコ    足2本+頭         
なす      2本            
かぼちゃ    1/8個        
ピーマン    2個            
人参      1本            
玉ネギ     1個                         

(a)
味噌   大さじ2
砂糖   大さじ2
みりん  大さじ2
酒    大さじ2
一味唐辛子   少々
           

【作り方】
1、タコの足はそぎ切り、頭は短冊に切る。
2、なすは乱切り、かぼちゃは薄切り、人参は短冊、ピーマンは千切り
  玉ネギはくし切りにそれぞれ切る。
3、フライパンに油をひき、切った野菜類をよく炒める。
4、1のタコを加え炒め、(a)の調味料を入れて出来上がり。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

ガネ揚げ

熊本弁で渡りがにのことを“ガネ”といいます。

サツマイモのかき揚げの形がカニに似ていることから

「ガネ揚げ」と呼ばれる郷土料理です。
 

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

天草大王

昭和初期に一度絶滅した幻の鶏を、

研究を重ねて半世紀振りに蘇らせたのが天草大王です。

国内最大級と言われる大きさで、

その肉は通常の鶏よりも「もも」の割合が多く、

赤身の美味しさ、弾力ある歯ごたえ、

コクのある味わいが魅力です。

近年、流通量も増え、新たな熊本の名物となりつつあります。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

南関あげ巻き寿司

南関地方のあげは日持ちがよく、常温での保存が可能。
煮ると柔らかく、よく味がしみこみます。
 海苔の代わりにこの“南関あげ”で巻いた巻き寿司です。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

ぶえん寿司

ぶえん寿司は天草松島の代表的な食べ物です。
ぶえん寿司とは、タイの身が入った寿司です。
ぶえんとは「無塩」の意味で、
新鮮な(塩漬けにしてない)魚を指すのだそうです。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。