• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
郷土料理紹介

HOME >郷土料理紹介

晩白柚(ばんぺいゆ)の文旦漬け

八代特産の世界一大きな柑橘「晩白柚」の
皮を苦み抜きして、甘く煮たものです。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

あかど漬け(赤ど漬け)

阿蘇地方では、昔からあかど芋を植えており、
この芋はアクが少なく漬け物に利用します。
漬けた茎は赤色に発色します。
しょうが醤油で食べるところから、
「阿蘇の馬刺し」とも呼ばれています。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

ごじる(呉汁)

大豆をすりつぶしたものを味噌汁に入れたのが呉汁です。
大豆のコクが味わえ、良質なタンパク質や
抗がん作用のあるイソフラボンなど、
体にいい栄養成分がたっぷりととれるヘルシーな味噌汁です。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

煮しめ

阿蘇の煮しめになくてはならないのが
独特の切り方をするふさ切り大根です。
12月に収穫した理想大根という種類の大根を、
そのまま4、5日干し、七夕飾りのような切り目を 入れていきます。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。

朝鮮飴

餅米、水飴、砂糖を練り合わせ片栗粉を塗したもので、

上品で素朴な甘みと餅に似た柔らかな口当たりです。

日持ちのする保存食として、400年以上前から

肥後藩の名物として親しまれてきました。

江戸時代には幕府への献上品としても

用いられていた「大名菓子」で、

その製法は一家相伝の秘法です。

↓写真はクリックすると拡大表示されます。