• HOME
  • 東京熊本県人会案内
  • お知らせ
  • 活動紹介
  • 事務局BLOG
  • 会報バックナンバー
  • 同窓会・同郷会
  • 郷土料理
  • 熊本弁
  • 熊本出身有名人
  • 広告
  • 入会のご案内
  • メルマガのご案内
熊本弁紹介

HOME熊本弁紹介 > か行

熊本弁:『かかじる』  共通語:『引っかく かきむしる』

例文と共通語訳

蚊にくわれたけんかかじったら、血の出た。(蚊にくわれたので掻いたら、血が出た)

熊本弁:『かせ(加勢)』  共通語:『手伝い』

例文と共通語訳

かせしてはいよ。(手伝ってちょうだい)

熊本弁:『かたる』  共通語:『加わる、参加する』

例文と共通語訳

今からこん皆と遊びに行こて思とっとばってん、あたもかたらんな?(今からここにいる皆で遊びにいこうと思っているのですが、あなたも一緒に行きませんか?)
そん勉強会におんもかててくれんな。(その勉強会に自分も参加させてくれませんか?)
かてて〜!((遊びなどに)まぜて〜!)

熊本弁:『かつがつ』  共通語:『次々と 少しずつ やっと』

例文と共通語訳

かつがつ持って行かれたったい。(次々と持っていかれたんだよ)

熊本弁:『かつれる、かつるる』  共通語:『飢える お腹が減る』

例文と共通語訳

あん人はいつもかつれとらす。(あの人はいつもお腹をすかせている)
かつれ坊主→お腹のすいた子ども

熊本弁:『からいも(唐芋)』  共通語:『サツマイモ』

例文と共通語訳

*中国(唐)から渡ってきた芋だから。

熊本弁:『からう』  共通語:『背負う』

例文と共通語訳

ランドセルば、からってみなっせ。(ランドセルを背負ってごらん)

熊本弁:『からすまがり』  共通語:『足がつること』

例文と共通語訳

あいたた、からすまがりした!(痛っ、足がつった!)

熊本弁:『かんなし(勘なし)』  共通語:『限度を知らない 手加減しない』

例文と共通語訳

勘なし突っ込んだろ?(考えもしないで無理やり突っ込んだだろう?)

熊本弁:『かんぽす』  共通語:『空っぽ』

例文と共通語訳

頭のかんぽすだけんね。(頭からっぽだからな)

熊本弁:『がじめる、ぐゎじゅむる』  共通語:『独り占めする』

例文と共通語訳

がじめんで、仲良〜しなっせ。(独り占めしないで、仲良くしなさい)

熊本弁:『がっぱっすっ、がっぱっする』  共通語:『がっかりする』

例文と共通語訳

がっぱっした。(がっかりした)

熊本弁:『がつ』  共通語:『〜だけ 〜の』

例文と共通語訳

怒られがつしかなか。(怒られるだけのことをしている→怒られて当然だ)
こら、俺がつ。(これは、俺の物だ)

熊本弁:『がね』  共通語:『カニ』

例文と共通語訳

よかガネの入ったけん、取りに来なっせ。(いいカニが手に入ったから、取りにおいで)
*主に渡り蟹のことを指す。
 さわがに→さわがね

熊本弁:『がまだす』  共通語:『働く 頑張る 精を出す』

例文と共通語訳

今日もがまだしとんなはっですなー。(今日も頑張っていらっしゃいますね)

熊本弁:『がめる』  共通語:『盗む』

例文と共通語訳

兄ちゃんの消しゴムば、がめち来た。(兄ちゃんの消しゴムを、盗って来た)

熊本弁:『がんじがんじする』  共通語:『よく噛むの幼児語』

例文と共通語訳

よーがんじがんじせんと、喉に引っ掛くっけんね。(よく噛まないと、喉に引っ掛けるからね)

熊本弁:『きたにゃー』  共通語:『汚い』

例文と共通語訳

ぬしゃ きたにゃーね。(おまえ 汚いな)

熊本弁:『きな、きーなか、きんなか』  共通語:『黄色 黄色い』

例文と共通語訳

きな線(黄色い線)
済々黌の制服には、黄な線の入っとんもんな。(済々黌の制服には、黄色い線が入っているもんね)

熊本弁:『きびる、くびる』  共通語:『結ぶ くくる』

例文と共通語訳

こん紐できびっときなっせ。(この紐で結んでおきなさい)
髪ばふたつにくびって。(髪をふたつに結んで)

熊本弁:『きもいりどん』  共通語:『世話役 仲人』

例文と共通語訳

♪おてもやん♪
おてもやん あんたこの頃嫁人りしたではないかいな
  (おてもさん あなたは 最近結婚したのではないんですか?)
嫁人りしたこたしたぱってん
  (結婚したにはしたのですが)
ご亭どんがぐしゃっぺだるけん まあだ盃ゃせんだった
  (婿殿が天然痘のあとが残っているので、まだ三々九度の杯はしていません。
   *または「婿殿がぶ男だから三々九度の杯はしていません」でも)
村役 鳶役 肝入りどん
  (村の役付きさんや火消しの頭や仲人さんなど、いろんな世話人の人たちが)
あん人達のおらすけんで あとはどうなっときゃあなろたい
  (そんな人たちがいらっしゃるので、後はうまくとりなしてくれるでしょう)

熊本弁:『きゃす、きやす』  共通語:『消す』

例文と共通語訳

間違ってきゃーしたったいね。(間違って消してしまったんだよね)

熊本弁:『ぎめ』  共通語:『バッタ』

例文と共通語訳

ギメんごつ痩せとる。(バッタのように痩せている)

熊本弁:『ぎゃん』  共通語:『〜のように こんな風に』

例文と共通語訳

あん人な、ぎゃんあらすもん。(あの人は、こんな風なんですよ)

熊本弁:『くつぞこ』  共通語:『舌平目』

例文と共通語訳

*たいらで靴底のようだから

熊本弁:『くらわす』  共通語:『殴る ぶつ』

例文と共通語訳

くらわすっぞ、ぬしゃ!(殴るぞ、てめぇ)

熊本弁:『くりゃー』  共通語:『くらい』

例文と共通語訳

あんくりゃー→あのくらい
こんくりゃー→このくらい
そんくりゃー→そのくらい
どんくりゃー→どのくらい

熊本弁:『くる(来る)』  共通語:『行く』

例文と共通語訳

(私が)今からそっちゃん来るけん。(今からそっちに行くから)

熊本弁:『くろち』  共通語:『内出血』

例文と共通語訳

痛かて思たら、くろちのよっとんもん。(痛いと思ったら、内出血になっているんだもの)

熊本弁:『ぐじゃっぺ』  共通語:『あばた』

例文と共通語訳

♪おてもやん
ご亭どんがぐしゃっぺだるけん まあだ盃ゃせんだった
  (婿殿が天然痘のあとが残っているので、まだ三々九度の杯はしていません。)

熊本弁:『ぐっさ、ぐっさり』  共通語:『たくさん どっさり』

例文と共通語訳

おもちゃばぐっさ買ってもろた。(おもちゃを沢山買ってもらった)

熊本弁:『ぐらりする』  共通語:『がっかりする』

例文と共通語訳

あての外れたけん、ぐらりした。(あてが外れたので、がっかりした)

熊本弁:『け、けー』  共通語:『来い』

例文と共通語訳

こっちゃん けー。(こっちに来い)

熊本弁:『けまつれる、けまつるる』  共通語:『つまづく』

例文と共通語訳

こないだ階段でけまつれたけん、あんたも気をつけなっせよ。(階段でつまづいたので、あたなも気をつけなさいよ)

熊本弁:『げ、げぇ』  共通語:『家』

例文と共通語訳

うちんげぇに来んね?(うちの家に来ない?)
昨日、あたげーに遊びに行ったつよ。(昨日、あなたの家に遊びに行ったのよ)

熊本弁:『げさっか』  共通語:『下品だ』

例文と共通語訳

あん人は、ほんにげっさっかもんな。(あの人は、本当に下品だもんね)

熊本弁:『げな』  共通語:『〜だそうだ らしいよ』

例文と共通語訳

隣の息子さんの帰ってこらしたげな。(隣の息子さんが帰ってきたらしいよ)

熊本弁:『こぎゃしこ』  共通語:『これだけ』

例文と共通語訳

こぎゃしこしか なかと?(これだけしか ないの?)

熊本弁:『こぐる』  共通語:『くぐる』

例文と共通語訳

こぐらんと行けんだった。(くぐらないと行けなかった)

熊本弁:『こさぐ』  共通語:『掻く かき落とす そぎ削る 削り落とす』

例文と共通語訳

しっかこさがんと、きれいにならんよ。(しっかりゴシゴシしないと、きれいにならないよ)

熊本弁:『こすか』  共通語:『ずるい、しみったれ』

例文と共通語訳

こすかこつばしたらいかん!(ずるいことをしちゃいけないよ)
あん人はこすかもんね。(あの人はしみったれてるもんね)

熊本弁:『こずむ』  共通語:『積み上げる』

例文と共通語訳

そぎゃんこずむと、倒るったい。(そんなに積み上げると、倒れるよ)

熊本弁:『こそばいか、こちょばゆか』  共通語:『くすぐったい』

例文と共通語訳

そこ、こそばいか。(そこ、くすぐったい)

熊本弁:『こつ ごつ』  共通語:『こと』

例文と共通語訳

いたらんこつ(いらんこつ)→不要なこと、余計なこと
えしれんこつ→意味不明なこと、おかしなこと
しごつ→仕事
独りごつ→独り言

熊本弁:『こまごつ』  共通語:『小言』

例文と共通語訳

そぎゃん こまごつばっか言うなよ。(そんな 小言ばかり言うなよ)

熊本弁:『こわる』  共通語:『(筋肉が)凝る』

例文と共通語訳

肩んこわっとっけん揉んではいよ。(肩が凝ってるから揉んでちょうだい)

熊本弁:『こーた』  共通語:『買った』

例文と共通語訳

馬刺しばこーてきた。(馬刺しを買ってきた)

熊本弁:『こ(濃)ゆい』  共通語:『濃い』

例文と共通語訳

こっちの色の方が濃ゆか。(こっちの色の方が濃い)
醤油の濃ゆーして、辛かばい。(醤油が濃くて、辛いよ)

熊本弁:『ごてどん』  共通語:『ご主人 亭主』

例文と共通語訳

『おてもやん』より
ご亭どんがぐしゃっぺだるけん まあだ盃ゃせんだった
  (婿殿が天然痘のあとが残っているので、まだ三々九度の杯はしていません。
   *または「婿殿がぶ男だから三々九度の杯はしていません」でも)